ダンプは買い手が現れる|審議を知りたいなら査定しよう

専門業者に依頼すべき

ネットで簡単に査定依頼

ダンプカー

工事にはダンプは欠かせないものですが、新しいものに変えるときには古いものを廃棄処分するか買取してもらうかという方法があります。
走行距離がかなり長かったり、故障していたりすると廃棄処分しかないかと思うかもしれませんが、実はたいていの場合は買取してもらえます。
なぜかというと、日本国内では使えないし再販先が見つからないようなダンプでも、海外では使える場合が多いためです。
故障していても修理して使う場合もありますし、パーツにばらして販売することもできます。
ダンプを査定してもらうときは、いくつかのコツがあります。
一つ目がダンプや重機、トラックなどを専門に買い取る業者に査定してもらうということです。
一般的な乗用車を扱うディーラーや業者では、再販ルートが確立していないので高額査定は難しいことが多いためです。
専門業者ならば海外へのルートを持っていたり、国内でも再販ルートを持っていたりするため高額査定が期待できます。
二つ目が複数業者に査定してもらうということです。
複数業者に査定してもらうことで、最も高い値段のところに売ることができますし、場合によっては価格競争を促して買取金額を高くすることもできます。
ネットでの一括査定サイトがあるのでそういったサービスを使うのもおすすめです。
ダンプは普通の車と違い、外見のきれいさはほとんど関係なく、年式と走行距離、実際に稼働可能かという点が大きなポイントを占めています。
そのため、ネット査定でもある程度正確な金額がでます。

価格競争を利用してみよう

ダンプカー

工事現場や建設現場で使われるダンプですが、需要があるため中古を購入する会社や個人も少なくありません。
しかし、長期間に渡って乗っていると古くなってしまうため、乗り換えが必要となる場合もあります。
そのような時に困ってしまうのが処分方法です。
ダンプは車のなかでも専門的に使われる車となります。
そのため、処分に困った場合は、ダンプの買取を専門としたところに査定してもらうのがオススメです。
海外での需要が高いものもあるので、国内外に販売ルートを持っている業者に買取を依頼するのも良いでしょう。
事故を起こしたダンプなど、いっけん廃車になりそうなものでも海外では高く売れることもありますし、部品取り車として需要がある場合もあるので諦めないでください。
査定価格をアップするためには見た目をきちんとしておく必要もあるので、事前に洗車をしておくのもポイントです。
もちろん、外装だけではなく内装やエンジンルームなど、あらゆるところを掃除してください。
購入時についていた取り扱い説明書や、点検整備記録簿やメーカー保証書があるかどうかも査定に関わってきます。
これらが揃っているとプラスの査定になりやすいので、書類は取っておきましょう。
なお、いくつかの買取業者で迷ったときは、実際に査定をしてもらって価格を比較してみてください。
買取キャンペーンを行っていることもありますが、いちばん高かった査定価格を買取業者に提示することで、さらに査定価格がアップする可能性もあるのでテクニックのひとつとしてやってみてください。

申し込みは専門買取業者へ

模型

不要なダンプを買い取ってもらうときには、できるだけ高い査定額にしたいと思うものです。
査定を頼む前にしっかり準備しておくと、査定額が上がる可能性があります。
買取申し込み時によく言われるのは、「事前にきれいにしておく」ことです。
ダンプの場合用途が仕事なので、自家用車に比べてきれいにしていない人も多いです。
次に使う人がいるということを考えると、きれいにするのはマナーともいえます。
さらにダンプを再び販売するときに買取業者が清掃することになりますが、その手間やコストを考えると、きれいなダンプの方が査定額がアップするのは当然です。
しかし、もっと問題になりやすいのはタバコなどの臭いで、近年は禁煙車の需要が高いためです。
染み付いたタバコなどの臭いは完全に取るのは難しいですが、できる範囲で取り除きます。
とはいっても、ダンプは乗用車の用途とは違うので、査定では見た目のきれいさよりも実用性などを重視されることが多いです。
買取を申し込むときは、一般車を扱う買取業者ではなくトラックなど貨物自動車の買取業者を選びます。
査定申し込み方法は電話、ファックス、インターネットなどです。
ダンプのメーカーや形状、車種、年式、走行距離などの情報を集めておくと申し込みがスムーズです。
そして、まずは現物を見せる前に、ダンプの情報を提示して概算額を提示してもらいます。
そこから業者を絞っていき、提示額が良かった最後の数社に持ち込むか出張査定に来てもらうといいでしょう。